偽性女性化乳房の手術の体験談について

男性としての自信がつきました

以前受けた胸部外科と同じように、触診とエコー検査を行って、偽性女性化乳房と診断されました。
脂肪吸引の手術方法や、実際に使う器具を見せてくれて、丁寧に手術方法を解説してくれて、日帰り手術が可能と言われたので、手術費用はかなり高額でしたがその場で手術する事を決めました。
手術当日は、ものすごく緊張して行きましたが、看護婦さんが緊張を解すために世間話をしてくれてるうちに時間になり、手術着に着替えて手術室に行きました。
手術前に、静脈麻酔と局所麻酔で胸の感覚を麻痺させてから脂肪吸引施術が始まりました。
目が回っているような状態で60分が過ぎた頃には縫合が終わっていて手術は無事に終わりました。
手術後にガーゼを付けて、バストバンドで胸を圧迫して、麻酔が切れてからタクシーで帰宅しました。

豊胸手術失敗して乳首取れた話思い出した

— 0gaという生物 (@kiseioga) 2017年8月23日
3日後の通院で抜糸をした頃には、胸が内出血で紫に変色していて痛々しかったけど、1ヶ月もすると腫れもひいて、胸の違和感も無くなりました。
手術をして永年悩んできた胸の膨らみを取り除けて男性としての自信を取り戻せました。


痩せても胸だけは大きいまま実績のあるクリニックへ男性としての自信がつきました