偽性女性化乳房の手術の体験談について

痩せても胸だけは大きいまま

幼少期から食べる事が好きで、小学校の頃には体重が80キロ近くになっていて、高校に入学する頃には140キロを超えていました。
太っていたため、小学校の頃から、女性のように胸が大きくて、体育の授業の時にからかわれて胸を揉まれてましたが、痛いとかそんな事は無かったので、全く気にしてませんでした。
高校2年生の時に、クラス替えでかわいい女子に出会って一目惚れするために、痩せようとダイエットを試みました。
元々、やり始めたらのめり込むタイプだったので、ダイエットを始めると1ヶ月に10キロのペースで痩せて行き、半年後には75キロまで痩せました。
痩せれば胸も小さくなると思ってましたが、胸に付いた脂肪だけは落ちずに、逆に痩せてしまったためにアンダーバストがサイズダウンして、巨乳グラビアアイドルのように、Eカップバストだけが残りました。
胸の脂肪を落とすために色々と試しましたが、全く効果が無くて、痩せたのに自分の体形に自信が持てなくて、好きな彼女に告白できませんでした。
さらに痩せれば胸も小さくなると思って、大学生の時に55キロまでダイエットしましたが、胸は大きいままで全く小さくなりませんでした。
そんな時に夕方のTVの特集記事で乳がん特集をやっていて、男性の乳がんも少数だけでいると聞いて、これだけ小さくならないんだから乳がんかもしれないと疑って、近所にある総合病院に行って検査を受けました。
胸部外科で触診や、エコー検査などを行った結果、女性化乳房症と診断されて、エコーで乳腺ではなく脂肪で大きくなっているのをモニターで見せてくれて、偽性女性化乳房で悪性ではないので問題はないと診断されてホッとしました。

女性化乳房は手術で改善します!

子供の頃から少しぽっちゃりとした体型です。
胸も多少膨らんでいましたが、同じようにお腹も出ていたため、特に気にしていませんでした。
高校生ぐらいになると、女子の目が気になるようになり、私はダイエットに励むようになりました。
体重が10キロぐらい減り、顔もお腹周りもスッキリしたものの、胸の膨らみだけが不自然な感じで残っていたのです。
胸を引きしめる筋トレも頑張ってみましたたが、女性のようなおっぱいだけは全く改善しません。
小さくなるどころか逆に膨らみが目立つようになり、走ると胸が揺れるという感覚もありました。
周りに気づかれるのが恥ずかしくて、こっそりとブラジャーのようなものをつけた事もあります。
見た目だけでなく、痛みも伴うので、当時は私にとって一番の悩みになっていたと思います。

そんな日々を過ごし、社会人になってようやく私にも初めての彼女が出来ました。
そして彼女に自分の裸を見られた時、彼女の絶句した表情は今でも忘れられません。
「どうしてそんなに胸が膨らんでいるの?」「病気なの?」といろいろ質問されましたが、
私も「よくわからなくて」と答えるだけで精一杯でした。
優しい彼女は、すぐに私の症状について調べてくれました。
そして、「もしかしたら女性化乳房かもしれない」と言ってきたのです。
彼女は「女性化乳房は乳がんになる可能性もあるらしいから、早く病院へ行って」と勧めてきました。
自分としては大袈裟だなと感じましたが、彼女が必死に訴えてくるため仕方ありません。

翌日、早速地元の乳腺科がある病院へ診察を受けに行きました。
検査なども受けて調べた結果、やはり私は女性化乳房で、
乳腺が発達しているため手術しか治療の方法はありませんと言われました。
費用は保険外になるためかなり高額ではありましたが、こちらの病院では何件か手術の実績もあり、
きちんと治療をしてくれそうだと感じたため、その場で手術日の予約をして帰りました。
手術当日、緊張しながら病院へ行くと、看護師さんが丁寧に指示して下さいました。
私の緊張を和らげようと、いろいろな冗談を言いながら和ませてもらいました。
手術室へ入るとすぐに麻酔を打たれ、その後は頭がぼんやりとして意識を失いました。
私が完全に眠っている間に全ての処置は終わり、目が覚めた時は休憩室に寝かされていました。
最初は麻酔がまだ効いているようで、自分の体の感覚が無かったのですが、麻酔が切れていくと同時に、筋肉痛のような痛みがありました。
担当の医師が経過の説明をして下さったのですが、その時には切除した乳腺も見せてもらいました。
自分の体の中に入っていたものを見るのは初めてでしたが、乳腺とはこんな形だったんだと興味深く、貴重な経験になったと思います。

当日はズキズキとした痛みがありましたが、処方してもらった薬で上手くコントロール出来ました。
少し不自然な動きもありましたが、デスクワークなので、翌日も通常通り出勤しました。
1週間後に抜糸すると、「今後は軽い運動もしていって下さいね」と言われました。
まだ動くと痛みはありましたが、体を動かした方が元の状態に早く戻りやすいとの事でした。
痛みが消えた後も若干、上半身がむくんでいるような状態でしたが、3か月後には綺麗な体になりました。
これまでのような膨らんだ胸は完全に無くなり、男性特有の平らな胸へと変わりました。
人にとっては当たり前の事ですが、私はこの体型にずっと憧れていたため本当にうれしく、つい鏡で何度も自分の姿を確認してしまいます。
そして私以上に心配してくれた彼女も喜んでくれました。
最近は筋トレにも励んでいるのですが、乳腺が邪魔をしていた時とは違い、
確実に効果が筋肉として表れるようになりました。

痩せても胸だけは大きいまま実績のあるクリニックへ男性としての自信がつきました

豊胸手術 失敗 | MEDO